成長

サイモン・クチャーは、1985年、ドイツのボンにて、ハーマン・サイモン博士、エカード・クチャー博士、そしてカール=ハインツ・セバスチャン博士によって創設されました。彼らが掲げたビジョンは「科学的手法を用いて、実社会のビジネス課題を解決する最適な価格を決定する」ことでした。

30年という時を経て、彼らのビジョンは目覚ましい成功を成し遂げました。大学からスピンオフした組織が真のグローバル企業へと成長したのです。今日、サイモン・クチャー&パートナースは、全世界23か国、34か所にオフィスを構え、1,100人超の従業員を擁する大規模なコンサルティングファームとなっています(2016年度売上高は241百万ユーロ)。本拠地は依然ドイツにありますが、グローバルでの急速な拡大を続けています。

私たちの成長のスピードは、競合のコンサルティング会社と比較しても目を瞠るほどであり、今後もこの成長を維持していきます。コスト削減戦略とは異なり、サイモン・クチャーの行うクライアントの収益、利益拡大には、限界がありません。消費者、テクノロジー、そしてビジネス環境が変化を続ける限り、私たちのサポートは企業から必要とされるでしょう。

弊社のコア・バリューには、インテグリティ(全体性)、リスペクト(尊敬)、チーム・スピリット、そして企業家精神が含まれます。この最後の項目は特に重要です。弊社の97名のパートナーは、企業のオーナーであるだけでなく、その言葉が意味する上での真の企業家でもあります。サイモン・クチャーの経済的成功及び将来の発展に対し、彼ら全員が責任を負っています。

また、これにとどまらず、サイモン・クチャーでは社員全員が企業家精神を持つよう奨励しています。将来の成長の促進、クライアントに向けたより優れたソリューションの創造、そして能力の最大限の活用、これらをサイモン・クチャーの全社員が目指しています。