サイモン・クチャーは、製紙・梱包材分野における多数の世界的リーディングカンパニーのパートナーとして長年に渡り歩んできました。こうして私たちは梱包機械における広範な専門知識、そしてあらゆる潜在性を秘めた梱包材に関する深い知見を有しています。

これまで長年、コストが焦点となっていましたが、今や製紙・梱包材産業の多くの企業がプライシングとコマーシャルエクセレンスプログラムに目を向け、更なる利益の向上を目指しています。これらの企業が検討しているのは、以下のような内容です。

  • 市場と顧客の体系的なセグメンテーション
  • バリューベースのプライシング
  • 専門的入札管理
  • 代替的価格モデル
  • 主要顧客管理の改善
  • セールスエクセレンスの達成

紙や梱包材は現在コモディティ化しており、これらの価格とマージンは常に低下圧力にさらされています。従って、製品の差別化を行っていくことが課題と言えるでしょう。クライアントの顧客は、より細かく顧客のニーズに沿ったカスタマイズされた製品を望みつつ、価格に対しても厳しい要求をすることで、クライアントの経営環境は益々悪化していきます。製品のイノベーションとあわせて、製紙・梱包材企業は、自社製品が顧客に提供する真の価値を理解し、それに伴うプライシングを行う必要があります

製紙・梱包材 Experts

See more experts

すべてのリソースを確認