公共財を提供することは、パブリックセクターの重要課題です。 しかし、これらのサービスをすべて維持することは、財務的に大きな負担となります。 税金が資金調達の主な源泉であるため、他の収益獲得の可能性を容易に見過ごしてしまいがちです。 納税者の負担を軽減し、より効率的かつ持続性のある公共サービスにつながる新たな収益を生み出す機会が多く存在しています。

地方自治体および中央政府は、継続的な資金不足が生じている状況下で、どのようにパブリックセクターを維持するのかという課題に直面していますが、多くのパブリックセクターの資産はまだ最大限に活用されていません。 この点に関して、財政上の実行の可能性・公平性・透明性の原則に従って、より良い公共サービスを提供する手段を探求する必要があります。

サイモン・クチャーは持続的かつ最適な収益確保を達成し、かつ公共の利益に沿ったサービスを提供できるよう、パブリックセクターを支援しています。 当社の収益・戦略のエキスパートは、戦略的に収益管理を行うことを目的に、まだ活用されていない政府資産の活用を促します。 納税者と利用者の間の公平な費用配分や自立的もしくは相互補助的なシステムへ向かう動きは、パブリックセクターを強化する可能性があります。 サービスの利用可能性とアクセス可能性を確保するために、いくつかの手段があります。これらの手段は、そのコストを単純に納税者に負担させるのではなく、価値ある商業資産の特定、収益源としてのその資産活用、手数料収入の最適化といったやり方でも実現可能です。

サイモン・クチャーは収益を創出する手段に加えて、広範なプロジェクトに必要な専門知識を有し、次のような幅広い公共サービスと緊密に協力してきました。

- 国民保険
- 公的銀行
- 公共交通機関
- エネルギー・ユーティリティ
- 電気通信
- 教育
- その他公共インフラ(空港、航空会社、港湾、郵便事業、鉄道事業者、有料運営業者、病院、文化機関など)
- 国有企業

パブリックセクター Experts

See more experts