paper mark

Research Paper

サステナブルパッケージの収益化

Submit your details to download research paper

日本における環境への取り組みとして、身近なところでは、ごみの分別の徹底、レジ袋の有料化、リサイクルの推進等が行われている。一 方、ビジネスレベルでは最近、サステナビリティ(持続可能性)が盛んに叫ばれている。包装業界も例外ではなく、持続可能な包装(サステナ ブルパッケージ)への取り組みが急速に進んでいるが、その取り組みを収益に結びつけることに成功している企業は少ない。本稿では、サ ステナブルパッケージの収益化に必要な価格差別化とバリュープライシングの考え方を紹介する。

Get in touch with the Authors

Submit your details to download research paper